Vivement les vacances/~
バカンスよ 早く来い/~ フランス在住kermesseの日記
プロフィール

kermesse

Author:kermesse
食の都で夫(旅行好き)と
娘(小学生)と息子(幼稚園児)と
暮らす好奇心旺盛な小心者です。
☆コメント大歓迎☆

リンク

ブログ大賞2006

人気ブログランキング

↓私のお気に入りブログ集↓

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Access

Vivement les vacances/~の
記事及び画像の著作権は
kermesseに帰属します。
無断使用はお断りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散髪
  かぁみぃをー 切ぃったぁ わたぁーしに (せいこぉー)
ちーがうー人 みぃたぁいとぉーーー


髪、切りたい。
「髪切りたい熱」が高まってくると、無意識に出てくる聖子の物まね。
今、かなり熱が高まっております。

しかし、大きなため息、ふーむ...
気が重いなぁ。
フランス語で上手く説明できるかなぁ。
髪を洗う時、泡+湯+お姉さんの指が私の耳の中にたまに入るしなぁ...

そうは言っても、もう限界。
現在の私は外出時は「月影先生」(「ガラスの仮面」に出てくる、顔半分が重たい髪で隠れている先生)になり、家事をするときは「じゃりんこチエちゃん」状態。
こりゃ、いかん。
重い腰と前髪をヨイショと持ち上げて、行きましょう、美容院へ。

お店のお姉さんとカタログ見ながらどうしましょ。
なんじゃこりゃの髪型ばかりのカタログ...
私は自分の頭に芸術の花を咲かせる気はありませんよ。
めんどくさくなって、担当のお姉さんに「あなたみたいな髪型にしてください」

後は野となれ山となれぃ。

前髪が長いままという結果に終わったけど、全体的に軽くなって満足。
お姉さんありがとう。

甘口評論家は出張中のため、手厳しい辛口評論家にお披露目。
お母さんは髪を切ってみました、いかが?
息子「僕の髪も長いのに、誰も切ってくれないでしゅ。」
でも、それ以上切ったらボーズになっちゃうよ。で、お母さんは?どうなのよ。
「えっ、どこを切ったの?」
...おばあちゃん(私の母)みたいなことを言うのね。

ま、いいのよ、私は気に入っているから。
ゆり

人気blogランキングへ←参加しています。聖子派だった人も、明菜派だったひとも、趣味の違う人も、世代の違う人もワンクリック応援お願いします。

一寸先は迷路
迷路


大きな声ではいえないが、私の方向音痴度はかなり高い。
これまでも何度か引越しをしたが、その度にしばらく引きこもり状態に。

うっかり外に出て
角を曲がったりして
ちょっと考え事でもしたら
もう家はどっちか分かりませーん。

たぶん、この「ちょっと考え事」をするのがよくないのでしょう。
迷子にならないためには、

慎重に家から出発し
目印を頭の中にインプットしながら
角を曲がるときには周囲の景色を確認し
他事を考えない。

ボケーッとしながらポワーンと散歩をしたい私には苦痛かも。

そんな私なのでフランスに来てすぐの頃の外歩きは特に緊張。
当時、フランス語で「これはペンです」も言えなかった私。
人に道を聞くこともできないし、もし挙動不審でポリスに捕まっても
「おうちぃーを聞かれても (フランス語で言われたって)分からない
なまえぇーを聞かれても (何を聞かれているのか)分からない...」

というわけで、
わたし的に未踏の地には決して一人では行きません!我ながら情けない

今日の話はゆうさんの「ニュージーランド絵日記生活」にTBします。
ご主人が私の仲間のようです。

人気blogランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。