Vivement les vacances/~
バカンスよ 早く来い/~ フランス在住kermesseの日記
プロフィール

kermesse

Author:kermesse
食の都で夫(旅行好き)と
娘(小学生)と息子(幼稚園児)と
暮らす好奇心旺盛な小心者です。
☆コメント大歓迎☆

リンク

ブログ大賞2006

人気ブログランキング

↓私のお気に入りブログ集↓

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Access

Vivement les vacances/~の
記事及び画像の著作権は
kermesseに帰属します。
無断使用はお断りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の祭典
毎年12月8日がFete des Lumieres(光の祭典)のメインの日。
(この祭りの由来はこちら

私立のカトリック系の学校ではキャンドルに明かりを灯し、マリア様に祈りを捧げる。
(フランスは政教分離の国なので、公立の学校ではやらないはず)

街中に光が灯るのは暗くなってから。
夕食後、家族4人で世界遺産に指定されている旧市街でそぞろ歩き。

光と人で溢れかえる夜の街。
子供の手をしっかり握りながら...
光の祭典を見物しながら...
写真を撮りながら...
人をよけながら...
うぅーむ、忙しいっ。

まずは、サン・ジャン教会。
大音響と共に教会には光の絵画が。
モチーフは様々な星座。
fete1


サン・ジャン教会を背に振り返れば、丘の上のフルビエール教会が。
・白...
代わる代わる様々な色に照らされる。
fete2


旧市街の中には、古い家が沢山並び、窓辺にはたくさんの小さなキャンドル。
少し歩いてソーヌ川沿いに出れば、光で輝く橋と街。川面には揺れる光。

巨大で豪華な光から、ひっそり小さく灯る明かりまで。
あらゆる光に照らされたリヨンの街にすっかり魅了された人々。
fete3


そして、家に帰ってから我が家の窓辺にも並べたキャンドルたち。
今も、ゆらゆらと揺れるその光を眺めながら書いています。つづく...(予定)
fete4


ninki banner←参加しています。つづきはもういいよという人も、つづきが楽しみという人も応援クリックお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
こんにちは。。。
素敵ですね・・・・・・ウットリします・・・・
このブログを見ているだけで、
フランスにいるような気分になれます・・・・
今日はこの気分のまま、1日過ごしたいと思います・・・v-353
【2005/12/09 10:33】 URL | ときどきファンタ #nlpauvks [ 編集]

no title
素敵な祭典ですね。
赤・青・黄・紫・緑・白... と色が変わる光景。
いつか見てみたいなぁぁぁv-238
【2005/12/09 12:14】 URL | キラキラペン #- [ 編集]

no title
ひょえぇぇぇ~キレイ!v-360
街中がこんなことになるなんて想像以上でした。
私もいつか見てみたいな。
【2005/12/09 13:33】 URL | kao #- [ 編集]

す、すごい☆
こんな景色の中を歩けるなんて。。。
教会も幻想的で素敵ですねえ。。。
行ってみたい!!
憧れの場所がひとつ増えました。
人ごみと言えば広島FFしか知らない私(笑)
子どもさんの手を離さないように写真撮影、大変でしたね。
つづきも楽しみだ♪




【2005/12/09 17:58】 URL | moko #- [ 編集]

光の祭典
リヨンの光の祭典ですよね?私も一回訪れて見たいんですよね。初めてリヨンの人からリヨンの光の祭典の写真を見せていただいたとき、これこそが芸術を愛するふらんすだなって感じたものです。
【2005/12/10 01:31】 URL | chiakiiscute #- [ 編集]

幻想的な世界
凄く素敵ですよね、このリヨンの光の祭典。
テレビのニュースでもやってました。
実物はもっと綺麗なんでしょうね~
まだリヨンには行った事無いので、
このお祭り&食い倒れツアーをしてみたいです(笑)
【2005/12/10 04:11】 URL | マダム #ZiaMvHBs [ 編集]

ときどきファンタさん
こんにちは。
気に入っていただけて、とても嬉しいです。
私のブログでは、あまりお洒落なフランスは登場しないのですが、これからもまた遊びに来てくださいね☆
【2005/12/10 08:33】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

キラキラペンさん
こんにちは。
私達も教会の色が変わっていく様子を長い時間うっとりと見ていました。本当に綺麗でした。
【2005/12/10 08:36】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

kaoさん
こんにちは。
この日はメインの日だったので、街中至る所で光のイベントをしていました。空から見ると、たぶん光のカーペットを敷いたみたいだったと思います。
【2005/12/10 08:40】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

mokoさん
こんにちは。
フラワーフェスティバルの人の多さは光の祭典よりも勝っていると思いますよ。この夜は、人と人の間を通り抜けられましたから。FFでは、身動き取れませんものね。
【2005/12/10 08:46】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

chiakiiscuteさん
こんにちは。
このお祭りは、キャンドルを窓辺に並べる伝統的な一面と、スポットライトをふんだんに使った近代的な一面と、両面から楽しめます。一見の価値があるお祭りだと、私は思います。
【2005/12/10 08:51】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

マダムさん
こんにちは。
この祭典はリヨン最大の行事です。ですから、リヨンにいらっしゃるなら、このお祭りのある時をお勧めします。(寒いですが...)
毎年、12月8日がメインで、この日だけ窓辺にキャンドルが並びます。
【2005/12/10 08:56】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

素敵~
こんばんは。素敵ですね~v-345なんて幻想的なんでしょう。私もいつか実際に行って見てみたいです☆キャンドルの明かりは、落ち着くというか・・・とっても大好きなので、お写真を見せて頂いてるだけで、じ~っと見とれてしまってます。
【2005/12/10 20:49】 URL | にんじん #- [ 編集]

にんじんさん
こんにちは。
私もキャンドルの明かりはとても好きです。イルミネーションにはない暖かみがあって...
私は夕食時のテーブルにもよくキャンドルを置きますが、日本ではよく地震があるのでキャンドルを灯すのは注意がいりますよね。
【2005/12/11 02:41】 URL | kermesse #- [ 編集]

3番目の写真
3番目の写真すごいですね。これもライトアップですか。なんかすごい物体と化している!v-90
ライトアップによるキラキラな街と、ろうそくの明かりのしっとりした街と両方が同時に見られるお祭なのですね。
【2005/12/11 03:48】 URL | tropical #4A6q7cVk [ 編集]

tropicalさん
こんにちは。
その写真は広場の噴水をライトアップしてあったものです。色とりどりで幻想的でした。
このお祭りは、伝統的なものなのですが、年々観光化されてきているようです。
【2005/12/11 09:47】 URL | kermesse #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://vivement.blog22.fc2.com/tb.php/67-4feb0337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。