Vivement les vacances/~
バカンスよ 早く来い/~ フランス在住kermesseの日記
プロフィール

kermesse

Author:kermesse
食の都で夫(旅行好き)と
娘(小学生)と息子(幼稚園児)と
暮らす好奇心旺盛な小心者です。
☆コメント大歓迎☆

リンク

ブログ大賞2006

人気ブログランキング

↓私のお気に入りブログ集↓

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Access

Vivement les vacances/~の
記事及び画像の著作権は
kermesseに帰属します。
無断使用はお断りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術家
ある日、町で出会った友人の頭から、

ピヨヨヨヨーーン

と何か生えていた。
どうやら頭の後でお団子に丸めた髪に、箸よりもっと長い棒の先が刺さっているらしい。
よく見ると、刺さっている細長ーい棒は茶色い枯れた小枝。

何かの拍子に付いたのかな?
「何か付いていますよ。」取ってあげようとしたら
「あ、これ?さっき公園で拾ったの。わざと挿しているのよ。」
えぇ!驚きのあまり、3歩ほど後ずさり。
こんな身近で、げ、げ、芸術が爆発中。

この友人はデザイナー。
岡本太郎氏が「人が『なんじゃこりゃ!』と驚くのが芸術」という意味のことを言っていたような...
おぉ、確かに今回、私は驚かされました。
こういう感性がすばらしい作品を生みだしているのね。

ヨーロッパには、「なんじゃこりゃ」をしている人が多い気がする。
そして、一風変わっていても、どうこう言われないから芸術の花が開きやすいのかな。
というわけで、町中を散歩しているだけで芸術の秋を満喫できそうですね。

あら、こんな所でも...
芸術家達


人気blogランキングへ←参加しています。岡本太郎デザインの鯉のぼりを見たことがある人もない人も一日一回ワンクリックお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

はじめまして、にんじんと申します。先日は、ブログにあそびにきてくださってありがとうございました♪とってもうれしかったです。フランスにいらっしゃるんですね~ 素敵~♪ 
画像のような光景が、ヨーロッパではしょっちゅうなんですか?ほんと芸術の秋ですね~
私も、また遊びにこさせてください。宜しくお願いします(*^_^*)
【2005/11/15 09:38】 URL | にんじん #- [ 編集]


実は意外と地球外の生物も普通に隣に・・・なんて。(^.^)
だってこの三人だってホントに人間かどうか
わかりませんよぉ~~~♪
【2005/11/15 15:43】 URL | kao #- [ 編集]


★にんじんさん
こんにちは。いらっしゃいませー。
ヨーロッパでもこんな光景はなかなか見られないと思いますよ。
この人達は、銅像のマネをして立っていて、お金を前の籠に入れると動き出すというパフォーマンスとするのですが、この時は休憩中でした。
珍しい場面に出くわしたなぁと思って、パチリとカメラに収めました。
また、遊びに来てくださいね。こちらこそ、よろしくお願いします。v-351
【2005/11/16 07:30】 URL | kermesse #LkZag.iM [ 編集]


★kaoさん
こんにちは。
あははは。なるほど。確かにこの3人は人間ではない確率は高そうですね。一人は背中に天使の羽まで生えているし。
でも、道行く人たちは皆さん割と気にとめずにスーッと通り過ぎていました。
私は気になって気になって、遠巻きにチロチロ見てしまったのですが。周囲の人から見ると私の方が「怪しいヤツ」だったかもしれません。e-275
【2005/11/16 07:38】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]


こんばんは?かな??このたびはtamachan日記にコメントを残していただきましてありがとうございました。おかげでこんなに素敵なkermesseさんのブログに巡り合えました!!感謝感謝!!早速お気に入りバーに登録いたしました!!<kermesse家のおちび君もなかなかですね。「鼻水ふいて~」を読みながら、クスクス笑ってしまいました。<失礼いたしました>
これからもちょくちょくkermesse家のおちびちゃん達に笑いを求めて会いにきま~す。
【2006/01/11 21:18】 URL | tamachan #HqyVdrPk [ 編集]

tamachaさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
子ども達には日々、手を焼かされています。私は子ども相手に大人げなく怒ったり、一緒に笑ったり、そんな毎日を書いています。
また遊びに来てくださいね。
【2006/01/12 06:14】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://vivement.blog22.fc2.com/tb.php/52-22af7105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。