Vivement les vacances/~
バカンスよ 早く来い/~ フランス在住kermesseの日記
プロフィール

kermesse

Author:kermesse
食の都で夫(旅行好き)と
娘(小学生)と息子(幼稚園児)と
暮らす好奇心旺盛な小心者です。
☆コメント大歓迎☆

リンク

ブログ大賞2006

人気ブログランキング

↓私のお気に入りブログ集↓

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Access

Vivement les vacances/~の
記事及び画像の著作権は
kermesseに帰属します。
無断使用はお断りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨で美人になるカモ
鴨肉というのは美容と健康に良いらしい。

・疲労回復
・血液サラサラ
・お肌ピカピカ
・コレステロールとさようなら~
・貧血ともさようなら~

す、すばらしい。
何だか私にとって、非常に必要な食べ物かもしれない。
せっせと食べましょう。

では、本日の夕食は「鴨肉のオレンジソース」に決定。
鴨のオレンジソース

ところで、鴨肉ってどれくらい焼けばいいのでしょう?
羊や豚の肉はしっかり焼くけど、牛は「表面に色が付いた」くらいの焼き加減でも許されるよね。
で、鴨は???

お料理上手な友達に聞いてみましょう?
鴨肉ってどれくらい焼いてます?
「さぁ?うちでは鴨と蛙の係は夫だから。鴨は中に具を詰めてオーブンの中でグルグルまわして油を落としながら焼いてるみたいよ。」
丸焼きですか...
肉屋のショーケースに、あーんな格好やこーんな格好でグッタリして並んでいますね。目が合うと、あれ、怖い。


ふーむ...どうする?
料理の本を見ると...
「焼き時間は皮側7、肉側3くらいの割合で」
で、何分なのですか
それでは私の悩みは解決しませんねぇ...
しっかり火を通すのでしょうか?
少々血が出るくらいでも良いのでしょうか?

謎は解決されぬまま、いつも皮側7分、肉側3分で手を打つ私なのでした。

人気blogランキングへ←参加しています。レストランで鴨を頼んだら中に散弾銃が入っていた人も、そんな経験ない人も、一日一回ワンクリックお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
おいちちょ~
お、お、お、おいしそうですねえ、これ・・・・。
私も鴨好きです。 でも夫も息子も好きじゃないので、家ではほとんど食卓に上ることはないなあ。 あと、オレンジ煮とかプラム風味とかいちじく添えとか、料理に甘いものを使うのも大好きなのですが、これもまた夫は大嫌い。 あんなにおいしいのにね!
鴨の焼き加減ですが、ロゼらしいですよ。 中がまだピンクのところで火を止める、と。
でも、鴨がそんなに健康にいいなんて知りませんでした。 なんだか脂ジュージューでこってりって感じじゃないですか?
【2005/10/24 19:59】 URL | くみ #V.qyppjg [ 編集]


★くみさん
なるほど、焼きすぎてはいけないと言うことですね。ありがとうございました。
ところで、鴨肉については、以前、美容に良いとテレビ(たしか「あるある」です)で言っていたので、この度日記を書く前に改めてインターネットで調べてみました。
鴨は他の肉に比べビタミンA1、B1、B2、鉄分、銅が豊富で低炭水化物ダイエットにも鴨肉はむいているそうです。
あと、不飽和脂肪酸も含んでいるので血液をサラサラにする働きもあるそうです。
家で一人分だけ作るのは面倒だと思うので、レストランに行かれたときなど是非。v-218
【2005/10/25 01:33】 URL | kermesse #LkZag.iM [ 編集]


こんにちわっ。
うちも、鴨料理、よくします。
焼き加減は、血が出ないくらいの赤身が一番美味しい瞬間ですかねえ。
厚み、火力、筋目を入れるか入れないかで焼き時間違ってくるので、
何分とはっきり言えませんが、うちの場合は
フライパンに煙が出るほど焼き付けてから、皮から入れて蓋をして蒸し焼きにしつつ脂がぐぐっと出てきてから中火という感じで、皮側5分、身側3分、蓋を取ってタレを入れてからは、菜箸でつついて弾力を見ながら仕上げます。
つついてぐにゃっとしてたら、まだ血が出る感じ。
固いと焼きすぎ。
kermesseさんのお腹くらいの弾力なら、OKだよん。
【2005/10/26 05:20】 URL | africa #- [ 編集]


★africaさん
アドバイスありがとうございます。
実は私、鴨に限らず肉を焼くのが苦手です。というか、料理全般苦手なのですが...練習あるのみ!ですよね。コツをつかめるように繰り返しやってみます。
【2005/10/27 05:46】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://vivement.blog22.fc2.com/tb.php/40-88bfe6d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。