Vivement les vacances/~
バカンスよ 早く来い/~ フランス在住kermesseの日記
プロフィール

kermesse

Author:kermesse
食の都で夫(旅行好き)と
娘(小学生)と息子(幼稚園児)と
暮らす好奇心旺盛な小心者です。
☆コメント大歓迎☆

リンク

ブログ大賞2006

人気ブログランキング

↓私のお気に入りブログ集↓

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Access

Vivement les vacances/~の
記事及び画像の著作権は
kermesseに帰属します。
無断使用はお断りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州遺産の日 2日目
人気blogランキングへ

「欧州遺産の日」1日目はこちら

リヨン「欧州遺産の日」の2日目。
フルビエール教会

四つの塔がある、真っ白いフルビエール教会へ行きましょう。
いつもは有料の塔も今日はもちろん今日は無料。
塔の幅の広い階段を、子供達は大喜びでぐんぐん登っていく。
息子は階段が大好き。元気だねー。
ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる。
階段


もうこれ以上登れないよー、と思ったところで、ようやく到着。

と思ったら、二人がやっと並べるくらいの狭い階段の登場。
ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる。
が終わったら、もっと狭い階段の登場。
ぐるぐるぐる......ぐる...ぐるぐる......
膝をがくがくさせながら、塔のてっぺんへ。

そこは壮大な景色を一望できるすばらしい場所。
天使

頑張った甲斐あり。
でもすごい風。こりゃ、長居はできません。降りますよー。
ぐるぐるぐるぐるぐるぐる.................ふうぅー。

つづいて、近くのガロ・ロマン文化博物館へ。
ここはNYのグッゲンハイム美術館 (Guggenheim Museum)みたいグルグル回りながら見ていく博物館。
ぐるぐるぐるぐるぐるぐる下に降りて行くと出口が。
そして、そこにはローマ劇場がっ。
ローマ劇場

リヨンのローマ劇場は紀元前43年に建てられた、古―い野外劇場。
フランスで最大の広さらしい。
広い故に、子供達大喜び。走る走る、走り回る。元気ねー。

母は目が回ったので、座ってショーを見るよ。
ローマ劇場の舞台では、この日は特別に一般人参加のお芝居が行われていた。
ストーリーは謎だがちょっと面白い。

息子「お腹がすいたでしゅ。」
じゃ、レストランへ行こうか。
広―い広―いテラス席に客はゼロ。なぜなら今日は、強くて冷たい風が吹く寒ーい日。客は全員店内で食事。
あれ、コックさん達の料理風景が間近で見られるね。楽しい。
じーーーっと熱い視線を送っちゃおう。がんばってー
ここはお皿の柄が少し寂しいけど、どの料理も大満足で満腹。
チーズ


息子「眠いでしゅ。」
本能のまま生きてるね。じゃ、帰ろうか。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
こんにちは
はじめまして。 リンクをたくさんでここに辿りつき、少し前から日記を楽しく読ませてもらっています。
kermesseさんの文章、言い回しが優しく柔らかく、とても好きです。
まだ全部は読んでいませんが、またゆっくり遊びに来ますね。
プロフィールの写真、最初ちょっとびっくりしましたが、kermesseさんではないのですね(笑)。
【2005/09/27 05:26】 URL | くみ #V.qyppjg [ 編集]


★くみさん
こんにちは。始めまして。
嬉しいお言葉をありがとうございます。
プロフィールの写真はノルウェーで出会ったセイレーンです。驚かせてしまってごめんなさい。
また遊びに来てくださいね。e-266
【2005/09/27 21:54】 URL | kermesse #xlO/wHwY [ 編集]


早速お邪魔しにきました。
リヨンにお住まいなのですか?
i一度週末に遊びに行ったことがあります。
食の都というだけあって、色々食べたいものがあって迷った覚えが。
食べたものを思い出せても他に何したかあまり記憶にないという。。。

それにしてもすごい階段ですね。
ご苦労様。
私だったら最初からパスしたかも。
【2005/09/29 04:54】 URL | Fuchsia #- [ 編集]


★ Fuchsiaさん
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
リヨンのレストランはハズレがないのでは、と思うくらいどこで食べても美味しいです。あ、でも私の舌は肥えていないので...ちょっと、大げさだったかな。

階段はこの写真の何倍もあって、かなり疲れました。v-356
もう二度と登らないと思います。
でも、塔の上からの眺めはすばらしかったですよ。
【2005/09/29 05:12】 URL | kermesse #xlO/wHwY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://vivement.blog22.fc2.com/tb.php/22-50342d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。