Vivement les vacances/~
バカンスよ 早く来い/~ フランス在住kermesseの日記
プロフィール

kermesse

Author:kermesse
食の都で夫(旅行好き)と
娘(小学生)と息子(幼稚園児)と
暮らす好奇心旺盛な小心者です。
☆コメント大歓迎☆

リンク

ブログ大賞2006

人気ブログランキング

↓私のお気に入りブログ集↓

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Access

Vivement les vacances/~の
記事及び画像の著作権は
kermesseに帰属します。
無断使用はお断りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南仏旅行記(東へ編)
ニースから海岸沿いを東へ進むと、
数々存在する小さな美しい村々。
家々の庭にはミモザやレモン・オレンジの木が重たそうに枝をしならせています。
東方1

そこから更に東へ進むと、
デューク更家氏が住むという、モナコ公国(Principaute de Monaco)が。

モナコにいるのは桁外れのお金持ち。
高級ホテルに高級ブティック
港に停泊する大型クルーザー
monaco
(↑この写真は2年前に撮った物です。)

小さな国なので「うひゃー」「うほー」と歓声をあげいているとアットいう間に通り抜け。
ちなみに、モナコ公国はフランスに囲まれているので、モナコの西も東もフランスです。

本日の私達の目的地は、モナコから更に東。
ロクブリュヌ・カップ・マルタン(Roquebrune Cap Martin)。
フランスの小さな鷲の巣村。

村の山頂に築かれた城は10世紀のもので、フランスで最も古い城の一つ。
「古い物」って謎めいていて、心惹かれます。
(いつか、遺跡を掘りに行きたいわぁ!)
東方2

古城の受付には一匹の猫。
この猫ちゃんが「こっちよ」と言わんばかりに私達を振り返りつつ、ずっと私達の前を歩き続けるのです。
不思議な猫ちゃんの案内により、城の頂上に行ってみると...

本日、あいにくの曇り。古城の上は暴風。
ビュービュー、ざわざわ、ゴーゴー、ばったばた...
眼下の波と木立、そして頭上の旗の大合奏。
テレビで台風の実況中継をしている人状態の私達。

うちのチビッコだけでなく、大人も吹き飛ばされそうなので、下りましょう、そうしましょう。

車で、海岸まで来てみると...
ザッッッパーーーン
岩を砕こうとする大波、巨大波。
「ばかやろぉー」(お約束)
と叫びたい気持ちを、チビッコ達の前なのでグッと我慢。
東方3

波しぶきは大人の背丈までも上がり、一同大興奮。
キャーキャー大騒ぎの我が家。
周りのフランス人から「初めて海という物を見た中国人か??」と思われたことでしょう。

ninki banner←毎日参加中。たった今、荒川選手の金メダル獲得をテレビでみました。やたぁー!
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
kermesseさん、こんにちはー!
海岸で絶叫大会ができそうですね。私が叫ぶとしたら・・・
三三七拍~子!!」・・・いや違うな・・・
ウワ~~~~ッ!!」・・・違うな・・・
どうにでもしやがれ~~~!!」 ・・・! これだ!v-466
【2006/02/24 10:40】 URL | ときどきファンタ+ #nlpauvks [ 編集]


パレードへのコメントで遅れました~。2月にもうあんな空の色なんですね~。
パレードにも、なにかフランスらしさを感じます~。そして「鷲の巣村」と
聞いたからには、コメントさせてくださいッ!私も10年ほど前、ビンボー一人旅で
南仏に2週間ほど滞在し、ディトリップで行ったエズがとても気に入り、お店の名前
(アロマサロン)につけてしまったほど。あーまた行きたい~。他の鷲の巣村と
呼ばれるところにも行ってみたいですし、こんな楽しいカーニバルいってみたい
です。毎日ステキなレポートありがとうございます。すごく楽しませてもらってます。
しっかし、トリノに、南仏に、うらやますぃ~^o^
【2006/02/24 20:25】 URL | ハッピーサリー #JalddpaA [ 編集]


おぉ~~旅日記がupされてますね♪♪
息子ちゃんがおののいた顔・・・はたしかに恐い(笑)でも旅先でもパレードを見れたり仮装して参加したり、やっぱり楽しそうなことばかりじゃないですかぁe-266
古城・・・もいいなぁ、ほんとにいいなぁ!!!
歩いているお子さん2人の姿、ヨーロッパにいたときの私と弟の姿と重なって、ちょっと感慨深くなってます(勝手に)。きっとお子さんたちは、今は「古城」とかなんとか博物館・美術館・遺跡などなど、旅行の一環としてめぐってると思いますが、大人になったとき「こんなすごいところ、行ってたんだe-339」って改めて感激すると思いますよ!!
【2006/02/24 21:10】 URL | yayo #- [ 編集]


ミモザの花ってこんなに大きな立ち木にたわわに咲いているんですね~感動!!
低木草だとばっかり思っていたので、こんなに見事なミモザの木!さぞよい香りが漂っているんでしょうね~~v-238
遺跡堀もいいですね~~~私は埋蔵金を堀に行こうかなv-91
【2006/02/24 23:58】 URL | tamachan #E7VHpBdI [ 編集]

ときどきファンタ+さんへ
こんにちは。
海を見ていると叫びたくなりますよね、不思議なことに。
「三三七拍~子!!」いいですねー。今度、誰もいないときにやってみます。そのとき、両手は後ろでつないで!(笑)
【2006/02/25 07:52】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

ハッピーサリーさんへ
こんにちは。
2週間も居られたのなら、あちらこちらの小さな村にも行かれたのでしょうね。美しい自然がたくさん見られますよね。
エズは私も大好きです。頂上にある植物園にも行かれましたか?あそこからの眺めはすばらしいですね。
【2006/02/25 07:55】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

yayoさんへ
こんにちは。
そういうものですか!子ども時代をヨーロッパで過ごされたyayoさんからそう言っていただけると嬉しいです。
大人にとってはそのすばらしさに驚くようなことでも、我が家の子ども達はそのありがたみが良く分かっていないようで...
【2006/02/25 08:02】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

tamachanさんへ
こんにちは。
私もミモザの木の大きさに驚いたんですよー。あちこちにこれくらいの木があって、いい香りをさせていましたよ。
埋蔵金を掘るのも惹かれるわー。私、「むかし、むかし」に興味があるんです。学校でも古典や歴史の授業が好きでした。
【2006/02/25 08:07】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://vivement.blog22.fc2.com/tb.php/110-8065294c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2007/01/18 03:19】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。