Vivement les vacances/~
バカンスよ 早く来い/~ フランス在住kermesseの日記
プロフィール

kermesse

Author:kermesse
食の都で夫(旅行好き)と
娘(小学生)と息子(幼稚園児)と
暮らす好奇心旺盛な小心者です。
☆コメント大歓迎☆

リンク

ブログ大賞2006

人気ブログランキング

↓私のお気に入りブログ集↓

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Access

Vivement les vacances/~の
記事及び画像の著作権は
kermesseに帰属します。
無断使用はお断りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだかなぁ
人気blogランキングへ

待ってます


子供達が待っている。すごーくすごーく待っている。
それは、
[つづきを読む]
スポンサーサイト
幸福をよぶお菓子
ドラジェ箱

私のジム仲間のピエールさん。今週末、80歳のお誕生日を迎えるという。

まあ、びっくり。
とてもとても、80歳には見えませんよ。
180cmはあろうかという大きくてがっちりとした体。
ジムにも毎日のように通って若者(私達おばさん)と一緒に流す汗。
「おじいさんです」という雰囲気なし。

雰囲気はなくても80歳になるピエールさん、私達に幸福のお裾分けを下さった。
ドラジェというアーモンドを糖衣でくるんだヨーロッパのお菓子。
かわいい...
小さくコロンとした形。
パステルカラーの優しくて可愛らしい色。
幸せを呼ぶお菓子。

最近では日本でも結婚式の時に新郎新婦からのプレゼントとしてよく目にする。こちらでも自分の結婚式や、子どもの洗礼式などのお祝いのときに配るらしい。
ドラジェ店

五つほどのドラジェをチュールで包んでリボンを結んだり、更に豪華なのはお人形をつけたり花をつけたり。
意味は幸福・健康・子孫繁栄・長寿・富。


さて、ドラジェ、一ついただいてみましょう。

カリッ
おいしい。
何だか幸せだなぁ。(単純)

しかし、誕生日というと「私が何かしてもらえる(ケーキにプレゼント)」という子ども並の発想しかない私。
何歳になっても自分の誕生会を開きご馳走でもてなしたり、こうして幸福のお裾分けをしたりするヨーロッパの人たち。
うーむ...
私...何か...違うかも。

ピエールさん、ドラジェをありがとう。
80歳のお誕生日、おめでとうございます。

今日の日記はkonikulさんの「こにくのオーストリアの街角から~Servus!」にTBします。ウィーンにお住まいです。

人気blogランキングへ
チャーリーとチョコレート工場
ハートチョコ


休日、映画に行きましょう。
チャーリーとチョコレート工場(原題:Charlie and the Chololate Factory)
「わーい」
満場一致で可決。

問題は...何語バージョンにする?日本語吹き替え版なんてないよ。
英語バージョン(仏語字幕付き) か、仏語吹き替えバージョン。
選択肢は二つ。

英語バージョンがいい人→1人(夫)
仏語バージョンがいい人→2人(子供達)
私は...うーん...悩むところ...えーと...
ま、でも多数決で仏語吹き替えバージョンに決まりね。

わが家ご贔屓の映画館は近所にあり、ここは
・上映は学校が休みの水・土・日のみ。子供向けの作品多し。
・座高の低い子供達のために用意されたジュニアシート(?)多し。
・予告編が終わると一度電気がついて、かごに入ったお菓子を売りに来る。
・時間通りに始まらない。
・他の映画館よりもかなり遅れて新作がやってくる。
・働いている人もボランティアでやっている気がする。(これは私の推理)
・料金が安い(大人5ユーロ。子ども4ユーロ)
アットホーム
映画館

いざ映画館へ!
映画よりも友達からのご招待の方を選んだ娘を除く3人で出発。

さあ、Charlie et la chocolaterie 始まり、始まり。
面白―い。夢中で見ている私に息子が
「おかぁしゃーん、こわいよー」
えー、どこが?
「あの小さなおじさん、こわいー。」
えー、あの荒井注似のウンパ・ルンパが?歌って踊って楽しいじゃなーい。
「白い顔のおじさんもこわいよぉー。」
ああ、ウィリー・ウォンカのこと?なんだかマイケル・ジャクソンに似ているよ。

そっか、この映画は小さい子にはちょっと無理だったね。
来週は「シンデレラ」を上映するんだって。行こうか。
意地悪な継母を怖がらないでね。

今日の日記はnewyorklife01さんのNYライフ from Upper West SideにTBします。Wonka Chocolateについて書かれています。

人気blogランキングへ

欧州遺産の日 2日目
人気blogランキングへ

「欧州遺産の日」1日目はこちら

リヨン「欧州遺産の日」の2日目。
フルビエール教会

四つの塔がある、真っ白いフルビエール教会へ行きましょう。
[つづきを読む]
一寸先は迷路
迷路


大きな声ではいえないが、私の方向音痴度はかなり高い。
これまでも何度か引越しをしたが、その度にしばらく引きこもり状態に。

うっかり外に出て
角を曲がったりして
ちょっと考え事でもしたら
もう家はどっちか分かりませーん。

たぶん、この「ちょっと考え事」をするのがよくないのでしょう。
迷子にならないためには、

慎重に家から出発し
目印を頭の中にインプットしながら
角を曲がるときには周囲の景色を確認し
他事を考えない。

ボケーッとしながらポワーンと散歩をしたい私には苦痛かも。

そんな私なのでフランスに来てすぐの頃の外歩きは特に緊張。
当時、フランス語で「これはペンです」も言えなかった私。
人に道を聞くこともできないし、もし挙動不審でポリスに捕まっても
「おうちぃーを聞かれても (フランス語で言われたって)分からない
なまえぇーを聞かれても (何を聞かれているのか)分からない...」

というわけで、
わたし的に未踏の地には決して一人では行きません!我ながら情けない

今日の話はゆうさんの「ニュージーランド絵日記生活」にTBします。
ご主人が私の仲間のようです。

人気blogランキングへ

美味しいムール貝
それは北欧旅行記を書いていた頃のある日のことでした。

魚屋さんにムール貝お買い得の文字が。
「ノルウェー産、フィヨルドムール貝2キロ5ユーロ」
これは安い。
ムール貝1

おー、フィヨルドから来たのかい。
そうかそうか、これも何かの縁、うちに連れて帰ってあげましょう。
ムール貝といえばベルギーだけど、ノルウェーでもムール貝が取れるのねー。
まあ何でもいい、ムール貝にハズレなし!?
たぶん、いやきっと美味しいよ。

ムール貝は美味しいけど...大変よね、殻の汚れを落とす作業。私は苦手。
ごしごしごしごし、殻と殻をこすり合わせたり、たわしでこすったり。

よいしょよいしょ。
30分経過。やっと4分の1終了。くっ、買わなきゃ良かった。
ごしごしごしごし。
1時間経過。まだ半分も終わらない...手、痛いよ...
きゃあ、もう子どものお迎えに行く時間。どうしよう。

そこへタイミング良く、夫からの電話。
「今日早く帰れるから、このまま車で学校に行こうか?」
良かったー。よろしくっ!
ごしごしごしごし。
1時間半経ってもまだ終わらない。これって、丁寧にやりすぎだから?
それとも私とろい?
「きっと一生終わんないよぉぉおおー。」

この日は夕方から娘の学校で保護者会があるので、早く支度をしないと夕食抜きで行くことになってしまう。
そんなの嫌っ!静かな教室で「ぐーーー、きゅるきゅる」となったら日本の恥っ!
せっせっせっせ。頑張れ私。

あ、3人が帰ってきた。お帰り、手伝ってぇー。
よいしょこらしょ。
そして、アッという間に終了。早すぎる。
じーーーー(夫へ疑惑のまなざし)ちょっと、ちゃんと綺麗に汚れ落とした??
まあいいや。終わった終わった。
洗った後は簡単。チョチョイノチョイ。はいでき上がり。ボナペティ
ムール貝2



今日は手巻き寿司。準備してあった具をテーブルに並べ、いただきまーす。
サーモン巻きと納豆巻きを食べて、きゃー、保護者会が始まるー。
ム、ムールがぁーい...もう無理、行って来ます。
帰ってきてから食べよう。くすん。残して置いてね。

今日の日記はキッコさんのキッコの毎日のごはん in ベルギーにTBします。本場のムール貝です。

人気blogランキングへ

衣替えの秋
寒い。先週の金曜日までは「夏」だったのに。
寒い。先週の土曜日からは「冬」になった。
秋はどこに行ったのぉー。
食欲の、スポーツの、読書の、行楽の、芸術の...秋はどうするのぉー。

どうしてこう極端なんでしょうね。
半袖着ていた次の日にコートを着なくちゃならないなんて。
「秋」戻ってくるかな。来るよね。もう「夏」にはならないと思うけど。

じゃ、夏服片づけましょ。

まず、子供服。
半袖Tシャツ...少し残しておこうか。暑がりだもんね。
ミニスカート・半ズボンは全部収めてと。
空になった引き出しに、長袖Tシャツ・トレーナー・セーター・あったかズボン...
は、入らない。冬物は厚みがあるなぁ。
右手で服をぐっと押さえて、左手でぐっと引き出しを閉める。これでよし。
タンスの引き出しがびっくり箱になっちゃったね。

次、私の。
半袖は...ジム用にTシャツ何枚か残して後は片づけ。その他夏物は全部片づけ。
そして、空いた引き出しに...これまた入らない。
でも、ぐっと押さえながら方式はやりたくないなぁ。
あ、夫の所、余裕があるね。入れさせてもらおう。これでよし。

最後、夫の夏服。
この人、冬でも半袖着るよねー。全部収めたら困るかなぁ。
収めても気がつかないかなぁ。
片づけちゃおう。
そして、冬物。あら、全部タンスに入った。あまり服持ってないのね...
半袖もタンスに戻しておこう。

さ、家族の衣替え完了。「夏」に戻りませんように。

影



今日の日記は ariamyloveさんのカメラと一緒にパリでお散歩*にTBします。パリの秋について書かれています。

人気blogランキングへ

欧州遺産の日
人気blogランキングへ

リヨン(Lyon)では毎年9月に「欧州遺産の日」と呼ばれ、公的施設が一般無料公開される日が二日間ある。
市庁舎

この日は非常に魅力的な日だ。
まず、「無料」!美術館も博物館もタダ。何て魅力的な!
そして、「普段は立入禁止の場所にも入られる」! おぉ、滅多にないチャンス!
さらに、「オペラ座ではバレエを見せてくれたりする!」(もちろんタダ)よっ!太っ腹ぁー。
行かねば。

[つづきを読む]
北欧旅行記 7日目と最終日
人気blogランキングへ

北欧旅行記 初日と2日目はこちら
北欧旅行記 3日目はこちら
北欧旅行記 4日目はこちら
北欧旅行記 5日目はこちら
北欧旅行記 6日目はこちら

7日目
曇ってる。今日もコペンハーゲン市内観光する予定なのに。ホテルでのんびりしようかな。
でも、「せっかく来たんだから根性」で出発。

まず、ストロイエを通って、王様の新広場(Kongens Nytorv)へ。うー、雨降りそうね。
王の新広場


[つづきを読む]
北欧旅行記 6日目
人気blogランキングへ

北欧旅行記 初日と2日目はこちら
北欧旅行記 3日目はこちら
北欧旅行記 4日目はこちら
北欧旅行記 5日目はこちら

6日目
嬉しくって、また早朝から一人起床。静かに身支度してデッキに行ってみましょう。
晴天なり。遠くに陸が見える。スウェーデン?デンマーク?いい風。

さあ、到着。私たちはスウェーデンのヘルシンボリ(Helsingborg)で降りて、コペンハーゲン(Copenhagen)に行く船を見送る。
ここから違うフェリーでデンマークのヘルシングーア(helsingor)に移動。
ヘルシングーアにはシェークスピアのハムレットの舞台となった「クロンボー城」がある。
クロンボー城

城の中庭と城の外一周と歩いて歩いて歩いて、疲れました。もういいよ、お城見物は。
電車に乗ってコペンハーゲンへ行きましょう。
[つづきを読む]
北欧旅行記 5日目
人気blogランキングへ

北欧旅行記 初日と2日目はこちら
北欧旅行記 3日目はこちら
北欧旅行記 4日目はこちら

5日目
雨。今日は雨のオスロ市内観光。なるほど。

まずは早朝でも入れるフログネル公園(Frognerparken)から行きましょう。
ブロンズ像がいっぱい。ポーズもいろいろ。
あ、地団駄踏んでる怒りん坊。ほら、みんなで真似してはい、チーズ。
怒りん坊


[つづきを読む]
北欧旅行記 4日目
人気blogランキングへ

北欧旅行記 初日と2日目はこちら
北欧旅行記 3日目はこちら


4日目
嬉しくて楽しくて外が明るくて、また一人朝3時前のフィヨルド見物。今日も北欧を楽しみましょう。


ウルネス

まずはウルネス(Urnes)にある木製の教会、スターブ教会へ。

[つづきを読む]
北欧旅行記 3日目
人気blogランキングへ

北欧旅行記 初日と2日目はこちら

3日目
おはよう。いい朝だ。ってまだ3時!もう外は明るいのに。
家族は寝ているので一人そっと外に出てみましょう。
「よあけ」という絵本があったけど、そんな景色。
物音一つない、静かな静かな朝。
うっとり...
明日はもっと早く起きて日の出を見ようかな...

今日は北にどんどんっどんどんっ進んでガイランゲルフィヨルド(Geirangerfijord)を目指しましょう。

フィヨルド


[つづきを読む]
北欧旅行記 初日と2日目
人気blogランキングへ

セイレーン


今年の夏、わが家のメインイベントは北欧旅行だった。

フィヨルドというものを一度見てみたい。
感動すること間違いなし。行けるなら行っとかなきゃ。

[つづきを読む]
遊びましょ
ある日のこと。

突然インターホンがブーブー。
「誰?」
受話器を取ると
「Luluのママです」

「??」
とにかく、うちまで上がってもらうと、プレゼントを持ったLuluちゃんとママが。
「私は今から仕事のなので、5時半にお迎えに来ます。」
「???」

今日遊ぶ約束してないけど、なぜか突然来たLulu。フランスでは当たり前のことなのかな??
と、悩んでいると...

「あのー、今日は子供達のパーティーよね...」
「それは来週ですよ。」
「オー、ノー、私としたことが、オーラーラー!」
あらら、日にちを間違えて来ちゃったのね。
「うちは特に用事もないので、大丈夫。一緒に遊びましょう。」

と言うわけで、ママの仕事が終わるまでLuluを預かることに。

お茶目なLuluのママ。ちょっとドジでかわいい。

走る


人気blogランキングへ

おとぎの国の住人
ユーロディズニー

ディズニーのピーターパンのビデオを見た後、娘は何やらお絵かきお絵かき。
やっぱり。ティンカーベルを描いてるんだ。上手いじゃないの。

で、
それを、
体にテープで貼りつける。そして走る。
「ほら、早く走れるよ。すごい?」
ちょっと、家の中で走り回らないでよ。

で、
今度は、
手に持って、そして飛ぶ!ソファーの上から飛ぶ。
「やった、本当に飛べた。ねえ、見た?」
こら、飛ぶな。

飛ぶ


信じているらしい。ティンカーベルが一緒なら魔法が使えると。
「ハリーポッターみたいに魔法の学校に行きたいなぁ。」
いや、あそこは危険そうだよ。

「お母さんも飛ぶ?」
残念だけど、母は今、筋肉痛ですので。

人気blogランキングへ

焼きチーズ
t-fortunatiさんのブログうちの食卓で見た「チーズのおかず」
気になって気になって仕方がない。
アルプスの少女もやっていた「チーズを焼いて食べる」。
私も食べたーい。
ハイジのふるさとマイエンフェルトにこの夏行ったし、
チーズ、焼きましょう。

早速近所のチーズ屋さんへ。

ふむ、どのチーズが焼くのに適しているのでしょうか。
ブリチーズちゃんはそのまま食べたいよねー。
ロックフォールは焼くと部屋中がものすごく臭くなりそうだし...
チーズ大好きだけど、詳しくないからよく分からない。

ん、これは?
チーズフライ1


「チーズ(fromage)」としか書いてないけど、チーズフライにするのかな??
まわりにパン粉みたいなのがついているし。
お店のマダムに食べ方を尋ねると、「フライパンに少―しの油をひいて3分位焼くのよ」とのこと。
や、焼くですか。
私、今日はチーズを焼く気満々なんです。ください、それ。

t-fortunatiさんのとはかなり違うけど、焼けた、焼けた、チーズが焼けた。
チーズフライ2


見た目はハンペンか焼き餅みたいだけど、チーズです。チーズの味がします。
これはこれでおいしい。
でも、
でも、
もう一回、他のチーズを探して焼こう。

人気blogランキングへ

スケートサンタ
娘の学校でカテシズム(キリスト教の授業)の受付が始まった。
希望者だけが申し込む。有料。

フランスは政教分離国家なので公立学校ではそんなのはない。しかし、娘が通っているのはカトリック教会付属の私立校。だから学校側も熱心。カテシズムがあるからこの学校を選んだ親もいるそうな。

うちの場合は家から近いことと先生が感じよかったので選んだこの学校。
そのうえ、実家にはお仏壇。
この授業は申し込まなくてもいいよね。

緑の教会



と、思っていたら...
申し込まない子はクラスに一人二人、
申し込まない子はその授業中は後のほうで静かにお絵かきなどをして待つ、
親が迎えに行って家に帰るのが好ましい、
という噂が...

うちも申し込みます。

娘よ、クリスマスは「サンタさん、プレゼントちょうだいの日」ではないことを学んできたまえ。

スケートサンタ



人気blogランキングへ

おめでとう
もうすぐ夫の誕生日。休日にレストランに行きましょう。
どこに行く?
娘&息子「マクドナルド!!」
...
そ、そうよね、お誕生日会といえば「マック!」だよね。
でもね、お父さんは大人だから他の店がいいと思うよ。
君たちが一緒だから、堅苦しくないところがいいよね。


ここのビストロはどう?日本人婦人会便利帳にも載っていたよ。
天気もいいしテラス席で快適快適。

何にしましょう。子供達はお子さまセットでいいよね。
私の前菜はサラダ。チーズやベーコンも入っていてもうお腹一杯。
夫のは...何それ、唐揚げ?何だか美味しそう。
「かえるだよ。」ゲコッ!ですか。
「一口いる?」いえ、ケッコーです。
私のメインは子羊ちゃん。んー、やわらかい。美味でございますぅー。
で、夫は?ブレス産の鶏!おぬし、お高いコースにしたな。
「一口いる?」もちろん!!コケコッコー。
デザートも綺麗で美味しくて大満足、大満腹。

le splendid




さて日付は変わって、誕生日当日。

娘&息子「お父さん、お誕生日おめでとう。はい、プレゼント。」
それは、ダイエットコーラのペットボトル。
自分たちでかいた絵を周りに張り付けている。
そ、そうだね。お父さんはコーラが好きだものね。

私からは、ドンッ
「moet et chandon」のプルミエクリュ。シャンパンでーす。ホームパーティしましょう。

それからもうひとつ。じゃじゃーん。
「PSP買ってもいいよ券」
これ欲しかったんでしょ。買ってもいいよ。
でもいらないなら買わなくてもいいですよ券。って裏に書いてあるから見てね。

お誕生日おめでとう。

人気blogランキングへ

ロマネ・コンティ
休日。空も青いし、ブルゴーニュのブドウ畑に行きましょう。
カーヴに行って美味しいワインの試飲もいたしましょう。楽しみ楽しみ。
今日のバックは、もちろん、
「ブドウバック」
ブドウバック

気合い入ってます。


まず目指すは「ロマネ・コンティ(ROMANÉE-CONTI)」。
ヴォーヌ・ロマネ村(vosne- ROMANÉE)には見渡すばかりのブドウ畑、畑、畑!

ブドウ畑


さて、ロマネ・コンティ畑様はどちらでしょう。
ありました、おブドウ様。ああ、あなた様があの超高級ワインになられるのですね。

おブドウ様


こら、子供達、おブドウ様の近くで遊ばないで。頭が高いよ!
いい子で座っておにぎりでも食べなさい、ありがたい空気を吸いながら。


さあ、ではカーヴ巡りをしましょう!
って、あれぇー、12時半だ。じゃぁ、どこもかしこもシエスタだ。きっと、2時までは開かないよね。
どうしましょ。
ここは炎天下だから長時間いられないし...

近くのジュヴレ・シャンベルタン(Gevrey-Chambertin)の村に車で行ってみましょう。
おお、ブドウ畑に大きく「Chambertin」の看板が。

ここの村のカーヴもやはりお昼休み中。
仕方ない、さっきから文句ばかり言っている子供達を木陰の公園で遊ばせてあげながら待ちましょう。


さて、2時になりました。あちこちの村で試飲、試飲。

あら、小綺麗なカーヴ。
 おいしぃー、セ・ボン、ブラボー。おじさん、これ下さい。
さ、次のカーヴへ移動。
 ん、これはちょっと軽い?さっきの方が美味しかったな。さよならー。
次!車で移動。
 た、高いのばっかりー。失礼しましたー。
次。次。車でぶーん。
 あら、Chambertinだ。え、これは試飲は無いの?仕方がない、買っちゃおうか。

カーヴ


そして、最初に行ったヴォーヌ・ロマネ村へ。村の入り口に一軒のカーヴが。
入りましょ、入りましょ。
車から降りた私に向かって、カーヴのマダムが
「あら、ステキなカバンねー。」

そーなんですよー、お気に入りなんですよー、なのに誰もほめてくれないんです。
今日はこのバックねたで盛り上がると思ったのに、誰も話を振ってくれないんですー。
だから、ちょっと寂しかったんですー。マダムありがとー。あなたのワインは美味しいに決まってます。買います。
と、心の中で一人盛り上がりながら、カーヴの中に降りて行き試飲。
おいしーじゃん、これおいしいよぉ。最高。くださいな。

そんな上機嫌の私に向かって娘が一言。
「あのおじさん、お母さんのカバンほめてたね。」
どてっ。
あ、あのね、髪が短くて声が低いけどあの人は女の人ですよ。
ゴメンねマダム。

※買ったのはロマネ・コンティではありません。
 か、買えない...

人気blogランキングへ

フランス人
夕方、娘を学校に迎えに行ったら

娘「お母さん、あのテキストは違うんだって。テントウ虫の絵のだって。」
私「?」

だってあのテキストは、学校から持って帰った紙を店員に見せて買った物。
私のフランス語が悪かったせいではないと思う。

と、いうことは...

間違えたなぁぁぁー、店員のお兄さん。

交換、交換。

今日はお兄さんじゃなくて、マダムが店番。
マダムはすんなり交換を承諾。
でも、
おそるおそる、
私、「あの、もうテキストに名前を書いちゃいました。」
マダムはじーっと黒マジックで書かれた大きな字を眺めて、
「目立たないから、いいわよ。」

わーい。マダムがいい人でよかった。

でも、この「日本人の名前入りテキスト」は他の人に売るのかな?
きっと売るのでしょう。
そして、これを買った人も「他人の名前入りのテキスト」でも気にしないのでしょう。
そもそも気が付かないかも。

いいね、フランス人のこういうところ。大好き

エッフェル



人気blogランキングへ

やっぱり素直で
もうすぐ夫の誕生日。何をプレゼントしましょうか。
子供達も学校だし、久しぶりに一人で街にくりだしましょう。

いざ。
通り



プレゼント選びって難しい。
相手にとって不必要な物を贈りたくないし、でも自分も気に入った物にしたいし。
悩みます。

ネクタイ?選ぶの苦手。
おいしいワイン?なかなか良いかも。喜びそう。でも今買うと重い。やめやめ。
あ、婦人服売り場!だめだめよ、あそこへ近づくと長くなるよ。
雑貨屋さん。ちょ、ちょっとだけ覗いてみようかな。

おー、便利そうな計量カップセット!
あら、こっちはメロンやスイカを小さくまん丸にくり抜くスプーン!
かわいいなぁ。
これからお料理頑張ろうかなぁ。デザートもいろいろ作ろうかなぁ。これから。
欲しいなー。欲しい欲しい。
値段は?あら、もう少し高ければあきらめるのに...



ゲッチュー。
道具2


衝動買いした言い訳は、「これ前から欲しかったのー。」かな。
いや、「フランスでしか買えないらしいよ。」かな。でも嘘はダメよねぇ。
やっぱり、「だって欲しかったんだもん!」これでしょ。
素直に福来たる。

人気blogランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。