Vivement les vacances/~
バカンスよ 早く来い/~ フランス在住kermesseの日記
プロフィール

kermesse

Author:kermesse
食の都で夫(旅行好き)と
娘(小学生)と息子(幼稚園児)と
暮らす好奇心旺盛な小心者です。
☆コメント大歓迎☆

リンク

ブログ大賞2006

人気ブログランキング

↓私のお気に入りブログ集↓

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Access

Vivement les vacances/~の
記事及び画像の著作権は
kermesseに帰属します。
無断使用はお断りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バス内での出会い
雨の日。
雪になっていない分、寒さも和らいではいるのだろうけど、やっぱり寒い。
そんな雨の日、私はバスに乗っていた。

椅子に掴まって立っていると...
んん?私をじーーっと見つめる二つの目。
またか... (以前の記事はこちら
慣れたとはいえ、ちょっとうんざり。
近くに座る小さな男の子。
見慣れぬ外国人(私のこと)から目が離せなくなっている。

その子は私を凝視したまま、熱心に母親に話しかける。
「学校でね、大きなボールで遊んだよ。それから部屋に入って...」
ん?学校内での出来事を話しているの?
私のことを報告しているわけじゃないの?
頭の中で考えているのは、学校のこと?珍しい外国人のこと?
器用と言えば、器用な子。

私が乗って降りるまでの15分間、見続けた私の顔。
もう、覚えてくれましたか?
次に出会った時は、もう見ないでね。

ところで、なせ私がバスに乗っていたかというと...
リンゴの芯をくり抜く道具を買いに行ったから。

なぜ買いに行ったかというと...
リンゴのお菓子を作ろうと思い立ったから。

なぜ、リンゴのお菓子の写真がないかというと...
もちろん失敗したからなのでした。
4キャンドル

Fete des Lumieresのポスターを真似して撮ってみました。(写真って難しいっ)

ninki banner←参加しています。年末の大掃除で忙しい人も、うちはいつでもピカピカよという人もワンクリック投票シルブプレ☆

スポンサーサイト
フランスと日本の違い
休日。母子3人どうする?
やはり屋内で過ごしましょう。
今年オープンしたばかりのミニチュア博物館があるので、子供達と一緒に...
と思っていたら朝から降り続く雪・雪・ぼたん雪。
私も冬眠に入りたい。

そうは問屋がおろさない。

家事が落ち着いたところで、ほっと一息。
あつあつのショコラが少し冷めるのを待ちながら、フランス人の身振り手振りや態度なんかを一人ぼんやりと考える。

お国違えば、そりゃもう色々と違う。
挙げていくとキリがないけど、例えば...えーっと...

例えば、挨拶
出会ったとき、別れるとき、または謝りたいとき。
日本では頭を下げるお辞儀をする。
フランスでは頬と頬とをあわせて軽いビズ。

例えば、挙手
意見を言いたい時や人を呼ぶ時には手を挙げる。
日本では五本の指をきっちり揃えて。
フランスでは人差し指だけをピンと伸ばして。

例えば床に座るとき
日本の学校では両膝を両手で抱えて体操座り。
フランスの子供達は「あぐら」。いわゆる「お父さん座り」。
でも、これってお行儀悪いことではないの?
普通のこと??

朝礼の体育館で校長先生の話を聞く時、お父さん座りじゃ怒られそう。
しかし、こちらの学校内での写真を見るとみんなあぐらをかいて座っている。
男の子も女の子もあぐらをかいて先生のまわりに座っている。

というわけで、娘は家でもあぐらをかきながらテレビを見ている。
その背中を見ながら「お行儀が悪いよ」と言うか言うまいか、悩む私なのでした。
みかん

ninki banner←参加しています。悩める私に応援クリックお願いします。
フランスの給食 
おままごと

娘の願いが通じたのか私の風邪も治り、今日は久しぶりにウキウキワクワクお買い物の秋。
子供達のいない午後、一人メトロに乗って、お出かけ。
昼休憩が終わって、学校や職場に戻る人達でメトロは満員。
おや、見慣れた顔が。
お茶目なフランス人Luluちゃんのママだ。「こんにちは。」
ガッタンゴットン押し合いへし合いフラフラしながら立ち話。
テーマは学校の給食について。

ところで、娘の学校は(たぶん、フランスの学校はどこも)こんな感じ。
・原則としては、子供達は2時間ほどの昼休憩を家で過ごす。(保護者の送迎付)
・共働きの家庭や特別な理由がある子は学校の食堂(cantine)で毎日食べる。
・毎日は無理でも希望すれば学校の食堂で食べることは可能。
・学校の先生も昼ご飯は家に帰って食べる。食堂には専門の職員がいる。
・食堂では前菜・メイン・チーズ・デザートがきちんと出てくる。

ママが働いているのでLuluちゃんは毎日cantineで食べている。
それを彼女が嫌がっているらしい。美味しくないそうだ。
ふーむ、うちの娘はcantineで食べた日は大喜びだけど...
毎日だと飽きちゃうのかなぁ。
それで、ママは誰かお昼に預かってくれるシッターさんを捜し中。
それではシッターさんが見つかるまで、週に一回うちで預かりましょう。

フランスでもわが家では和食の日が多い。
Luluちゃんにお箸の使い方をマスターさせちゃおう。

人気blogランキングへ←参加しています。フランス料理が好きな人も日本料理が好きな人も一日一回ワンクリックお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。