Vivement les vacances/~
バカンスよ 早く来い/~ フランス在住kermesseの日記
プロフィール

kermesse

Author:kermesse
食の都で夫(旅行好き)と
娘(小学生)と息子(幼稚園児)と
暮らす好奇心旺盛な小心者です。
☆コメント大歓迎☆

リンク

ブログ大賞2006

人気ブログランキング

↓私のお気に入りブログ集↓

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

Access

Vivement les vacances/~の
記事及び画像の著作権は
kermesseに帰属します。
無断使用はお断りします。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れの時
その人と別れるとき
辛いか辛くないか...

これまでの関係がハッキリする運命の時!

アッサリした別れなら
これまでのつき合いも浅いもの

辛く悲しい別れなら
相手は自分にとってかけがいのない人...

さて、子ども達が学校・幼稚園に行くのも今日で最後。
娘・息子、それぞれのクラスでお別れ会。

夕方お迎えに行くと...
息子は先生方から次々にギュッと抱きしめられて
ビズの嵐・
息子君、おそらくコレは彼の人生最初で最後の経験になるでしょう。

息子やその友達はこの「別れ」をまだよく理解出来ないらしく、「またねー」とアッケラカンとしたもの。

一方、娘。
友達と涙・のお別れ。
一番仲の良かった子は号泣、娘もつられて号泣。

その様子を側で見ていて、「可哀相に」と思うとともに、
「ちょっと嬉しい」気持ちになった私。

この3年間で、娘にはこんなに別れを惜しむ相手が出来たのね。
そんな相手がいるなんて、何と素晴らしいこと。

私は嬉しいです。

娘が「フランスなんてヤダー、日本に帰りたい」
という気持ちで帰国するのではなく、
「もっとフランスにいたい。この学校に通い続けたい」
という気持ちで帰国出来ることが非常に嬉しいです。

ありがとう。
フランスの友達。

娘達よ、君達はまだかなり若い!
いつの日か、きっとまた会えるさ。
シャンパン2

ninki banner←参加中。若者達よ、再会はシャンパンで祝えるかもよ。10年、20年なんてアッという間なのだから☆
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

読んでいて・・・じわ~~~ん。
と、きてしまいました。
でも、なんて前向きな考えなママなんだろうと!!と、
改めて、尊敬しています。
関東は、今日。桜の開花宣言 v-252
道中お気をつけて・・・。

【2006/03/22 08:43】 URL | 猫娘 #- [ 編集]

ちょっと悲しいけど...
悲しいお別れも人生の貴重な体験ですね(なんて...)
ほんと、10年なんてあっという間かも。私も高校生の時のホームステイ先、いつか訪問するぞ~~と思いつつもう20年もたってしまった。
【2006/03/22 08:56】 URL | mamaチェリー #LkZag.iM [ 編集]


別れの季節の後には出会いが待ってる!!!
メールやお手紙で長くお付き合いしていけたらいいですよね^^
そうゆうものが後々に自分の大きな財産になりますもんね!
【2006/03/22 13:45】 URL | kao #- [ 編集]


素晴らしい!!!
娘ちゃんと息子ちゃんは立派にフランス生活を楽しく成し遂げたんですねv-354
そして、お子さんたちが、そんなふうに楽しく暮らせたのも、kermesseさんの明るくて前向きな支えがあったからこそだと思います。
だって、海外赴任は大人でもマイってイヤになって帰ってくる人もいるらしいですから。本当によかったですね!!!
kermesseさんファミリーなら、帰国後の生活もきっとすぐにエンジョイできるはずv-433
【2006/03/22 13:53】 URL | yayo #- [ 編集]


子どもの時の3年って大人になってからの3年より長くて濃かったような気がします。きっと娘さん、息子さんたちはずっと覚えていて、また友達と再会されますよ!
暖かく見守っていたkermesseさんの想いを将来、大人になった子どもさんたちに会って教えてあげたい気分になりました。
いよいよお引越しですか。日本で私がワクワクドキドキしてますよ☆
【2006/03/22 16:52】 URL | moko #- [ 編集]

kermesseさん、こんにちは。。
素晴らしい出会いがたくさんあった3年間だったんですね。。
またお友達と再会できるといいですね。
幼馴染って、何年会えなくても大切なお友達ですものね。e-420
【2006/03/22 18:14】 URL | ときどきファンタ+ #nlpauvks [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/03/22 18:16】 | # [ 編集]


こんばんは、なんと素晴らしいv-352お子さん達も、素敵な出会いをされて、楽しく過ごされていたのがよくわかりました。ほんとほんと、いつの日かまたきっと再会できますよねv-343
【2006/03/22 22:49】 URL | にんじん #- [ 編集]


お子さんたちのお別れ風景、考えるとちょっと涙ぐんでしまいました。
たくさんのお友達に囲まれて楽しくフランスで過ごせたんですね。本当に良かったわー。kermesseさんもお子さんがフランスになじめるか心配だったろうと思います。
お友達が日本という国に興味をもってくれて、将来日本で出会えたらいいですよね。
【2006/03/22 23:47】 URL | PIYOKO #- [ 編集]


う~~~なんていいお話なんでしょう!!
私もじ~~んと来ちゃいました。v-238
そして、母としての子供達の解釈!!いいですね~。
お姉ちゃんは辛かっただろうな~。<分かる分かる>
でも!!そうなんです!!若いってことは、なんだって出来るんです!!
長期の休みを利用してフランスの友達を訪ねたり、招いたり。
別れは寂しく辛いもの、でも再会を楽しみに過ごせば、いつかは会えるかも!!
お子様達がいつか共に涙したフランスのお友達と再会できますようにv-22

【2006/03/23 01:01】 URL | tamachan #E7VHpBdI [ 編集]

猫娘さんへ
こんにちは。
そ、尊敬だなんて...恐縮です。
ところで、関東に桜の開花宣言が出たのですか!わぁ、嬉しいなぁ。
日本でお花見をすることを非常に楽しみにしている私です。
どこに、桜を見に行こうかなぁ。ワクワク。
【2006/03/23 07:19】 URL | kermesse #LkZag.iM [ 編集]

mamaチェリーさんへ
こんにちは。
そうですね。これも貴重な経験。そして、これからも何度も味わう悲しみですよね。「良い別れ」が出来るように、人を大切にする子になって欲しいです。
ところで、10年、20年ってホントにアッという間ですよね。最近つくづくそう感じます。(私、年取ったのかな)
【2006/03/23 07:28】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

kaoさんへ
こんにちは。
その通りですっ!どんっ(テーブルを叩く音)
別れの後には、出会いが待っているモノです。
私にも新しい出会いが待っています。というわけで、ドキドキしております。
ところで、娘は友達からメールアドレスを教えてもらったりしていました。
そういう時代なんですねー。(パソコンがあれば、フランスと日本も近い近い)
【2006/03/23 07:33】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

yayoさんへ
こんにちは。
子どもってたくましいですね。学校や幼稚園でどんな生活をしているのかあまり見たことは無かったのですが(参観日というものがありませんでした)、それぞれの「社会」の中でしっかり生きていたのだなぁと感じました。
そして、子ども達は「イヤになって帰る」という道の存在を知らなかったから、フランスでたくましく生きられたのかもしれないなぁとも思いました。
【2006/03/23 07:46】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

mokoさんへ
こんにちは。
そうですね、子ども時代は見た目も中身も大きな変化があるし、大人よりもずいぶんと濃い3年間になりますよね。
私も子どもに負けないように、「濃い日々」を送ってほんの少しずつでも進歩していきたいです。
ところで、いよいよです。今日は冷蔵庫の中身を空っぽにしました!
【2006/03/23 07:55】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

ときどきファンタ+さんへ
こんにちは。
出会いっていいモノですね。たとえ悲しい別れが待っているとしても恐れずにどんどん「出会って」いきたいです。そして、その出会った相手との「別れ」の日までの時間を大切に丁寧に過ごしていきたいです。

>幼馴染って、何年会えなくても大切なお友達ですものね。
帰国したら再会したい友達がたくさんいます。それが楽しみで楽しみで☆ふっふっふっふ
【2006/03/23 08:59】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

鍵付きコメントさんへ
こんにちは。
息子さんのエピソード、笑ってしまいました。今後も、ますます周囲の子が日本語を覚えてくれると楽しいですね。
ところで、mixiって何でしょう?調べてみまーす。
【2006/03/23 09:14】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

にんじんさんへ
こんにちは。
この3年間で、娘にはかけがいのない友達が出来たようで、私は感動してしまいました。3年前は「理解できない言葉を話す知らない人」が今では「言葉も心の通い合う大切な友達」になったなんて、素敵だし羨ましいことです。
いつの日か、娘がフランスの友達に再会できる日がくるといいなぁと思います。
【2006/03/23 09:24】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

PIYOKOさんへ
こんにちは。
思い起こせば3年前。フランスへ出発する前日に空港のホテルで娘に延々と泣かれたんです。「きっと、みんなの言ってる言葉が分からないよー」と。
だから私も心配でしたよー。娘がフランスになじめるかどうか。
子どもの順応性ってすごいですね。
娘の友達は、「大きくなったら日本に行く」と言ってくれているので、楽しみです。
【2006/03/23 09:32】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

tamachanさんへ
こんにちは。
そうですっ!若者の可能性は無限大です。何だって出来るはずです。
将来、娘もバックパックを背負って友達に会いに行くのではないでしょうか。
私もついて行こうっと。(おばちゃんの可能性も無限大!)
【2006/03/23 09:37】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]


こんにちわ!いよいよなんですねぇ・・・・。
私は海をまたぐ引越しはしたこと無いんですが、
転校の経験あるんです。(小学低学年時に)
そして、その時の仲良し友達とまた再び近くになって
現在も友達続けてます!!
kermesseさんのお子さんも、きっとまたフランスのお友達と会って
小さい頃の思い出とか語ったりするんじゃないかなぁ!!
【2006/03/23 11:31】 URL | Aruruママ #- [ 編集]


新しい出会いがあると思っても、永遠の別れではないと思ってもお別れは寂しいもの。
友達とのお別れを経験して一歩成長した娘さんの様子はその後いかがでしょうか?
お子ちゃま達も前向きママを見習ってたくましく新生活のスタートができるといいですねv-81
【2006/03/23 12:26】 URL | パンダシール #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/03/24 01:54】 | # [ 編集]


なんだか私までうるうる…でした。
別れはいつでもどこでも辛いものですが
2人のお子様たちの心には
楽しい思い出がぎっしりつまったこの3年間が
刻印されているはず。新たな出発に乾杯v-272
日本に持ち帰って、
【2006/03/24 02:57】 URL | エミリア@イタリア #4lXsiBFM [ 編集]

Aruruママさんへ
こんにちは。
Aruruママさんは転校の経験があるのですね。私は転校生の悲しみを味わったことが無く、当時は「転校ってかっこいいなぁ」と憧れていました。
でも今は、親の都合で友達とお別れさせなければならないなんて、可哀相だなぁと思っています。子ども達にはこの辛い経験を自分にとってプラスになる方向に持っていって欲しいです。
【2006/03/24 06:12】 URL | kermesse #LkZag.iM [ 編集]

パンダシールさんへ
こんにちは。
娘はその後、新しい学校でどうやれば友達が出来るのか悩んでいる様子です。「初めは相手の名前を聞くのかなぁ?」といろいろ考えているようです。
親としては、勉強の方も心配です。娘が知らない日本語がたくさんあるので。
我が家の新生活、どうなりますやら。
【2006/03/24 06:16】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

01:54の鍵付きコメントさんへ
ありがとうございます。
嬉しいです☆
【2006/03/24 06:31】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]

エミリア@イタリアさんへ
こんにちは。
ありがとうございます。では、
かんぱーいv-272
楽しい思い出は大切に大切にしまっておいて、新たな人生に乾杯ですね。
親も子も、日本でも頑張ります!
【2006/03/24 06:36】 URL | kermesse #KFT6j.U6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://vivement.blog22.fc2.com/tb.php/124-955b7424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。